■iPhoneのLightning(Dock)コネクタ修理

  • 今すぐにアイフォンを修理したい方はアイフォンクリアへ

「アイフォンが充電出来なくなった」「アイフォンのイヤフォンジャックが壊れた」「アイフォンから音が出なくなった」

上記のような故障は、すべてLightning(Dock)コネクタの故障が原因ということが多いです。

※機種によって異なる場合があります。

 

今回は、様々な用途がつまったLightning(Dock)コネクタの故障・修理についてまとめてみました。

アイフォンのライトニングコネクタを分解した図

 

Lightning(Dock)コネクタのトラブル

上記でもお伝えしましたが、再度Lightning(Dock)コネクタが原因で起こる故障例を挙げてみましょう。

 

・アイフォンが充電出来なくなった

・アイフォンのイヤフォンジャックが壊れた

・アイフォンから音が出なくなった

・バイブが作動しなくなった

・ホームボタンが反応しなくなった

※それぞれ機種によって異なる場合があります。

 

一番多い故障原因は充電不良!

アイフォンのライトニング部分の写真

iPhoneの充電ができない場合に考えられるのはLightningコネクタ、もしくはバッテリーのトラブルです。

 

どんな故障でも、Lightning(Dock)コネクタが原因で起こっていると確定した場合は、パーツ交換することで簡単に修理できます。

Lightning(Dock)コネクタの部品交換の作業時間は約30分程度です。

 

 

画面にこの表示が出たらご注意を!

このアクセサリは使用できません。と表示されるアイフォン

「このアクセサリは使用できません」とか「このアクセサリはこのiPhone用に最適化されていません」などのメッセージが表示されます。

iPhoneのボリュームを上げたり下げたりしてみましょう。

音量のゲージが表示されずに、特定の動作で音が出ないならば、修理に出しましょう。

 

 

 

まとめ

 

Lightning(Dock)コネクタは、アイフォンの部品の中で一番露出が多く、ゴミやホコリ、汗や湿気なども侵入しやすいです。

故障原因が多数あるため、普通に使っているだけなのにある日突然壊れてしまう、そんな部品の代表格です。

 

小さいお子様がいらっしゃる方の場合、知らぬうちに赤ちゃんがアイフォンを舐めてしまい、そこからよだれが入り水没してしまった、などが意外と多い故障原因だったりします。

iPhoneを舐める赤ちゃん

 

 

でも、安心してください!

部品交換ですぐ修理ができるので、約30分で普通通り元通りに使用できます。

Lightning(Dock)コネクタのことでお困りの際は、iPhone修理専門店 アイフォンクリアにご依頼を!

 

 

合わせて読みたいブログ

 

■iPhoneのLightning(Dock)コネクタ修理

■iPhoneのボタンが効きにくくなったり、動かなくなった場合

■経年劣化したiPhoneのホームボタンを修理

■iPhoneの修理で、動作音や通話のサウンド系トラブル

■iPhoneのマイクトラブルはスピーカーの故障と間違いやすい!

 

iPhone
アイフォンクリア 店舗一覧
店舗
すすきのラフィラ本店パルコ店
中央店
琴似店
トライアル伏古店MEGAドン・キホーテ新川店
カテプリ新札幌店千歳店
ドン・キホーテ小樽店MEGAドン・キホーテ苫小牧店
麻生店恵庭店
MEGAドン・キホーテ旭川店

⇦症状別一覧へ   機種別一覧へ




iPhoneX修理始めました。