アイフォンクリアグループとApple正規店との対応の違い

  • 道内シェアNo.1のアイフォンクリアグループは総務省登録修理業者です。

1、アイフォンクリアについて

アイフォンクリアでは各店舗に経験豊富な修理スタッフが在籍しており、幅広い修理をすることが可能です。
iPhone・iPad・XPERIAに関する事ならどんな事でも『期待に応える修理店』としてご相談を承ります。


アイフォンクリアでは、アップルの正規店よりも待ち時間がとても短く、即日修理対応が可能です。
予約来店修理の場合は待ち時間が0分となっております。
また、修理いただいた方全員に安心の無償3ヶ月保証が自動的に付きますので、修理後のアフターフォローも充実しております。(※1)


正規店で修理不可と言われ端末や、脱獄端末の修理、正規店でのサービスが終了してしまっている端末の修理も可能となっております。


※1 修理交換した部品の初期不良に限り、無償にて再度交換いたします。(1度に限る)



2、正規店について

正規の修理店にあたるのがApple StoreまたはApple正規サービスプロバイダです。
Apple StoreはメーカーAppleの直営店で、東京都心を中心に8店舗が存在します。
店舗数は限られていますが、行けばメーカー公式の修理サービスを受けられます。


正規サービスプロバイダはApple純正部品を使用し、Appleと同等の保証・技術のもとに修理サービスを提供するApple公認の修理店です。
ビッグカメラやカメラのキタムラなどがこの正規サービスプロバイダです。Apple Storeとは違い、地方都市にも店舗がある場合もあります。
Appleコールセンターに電話をすれば最寄りのお店を教えてもらえます。


ただし、お店にそのまま行ってもすぐに修理をしてもらえるとは限りません。
正規の修理サービスを受けるためには基本的に予約が必須です。
Apple Storeに直接持ち込むか、Appleコールセンターやサポートサイトを通して正規サービスプロバイダに修理の依頼をします。


修理の予約が取れたら端末の初期化に備えてデータのバックアップを取り、「iPhoneを探す」の機能もオフにします。


その後予約日に来店、即日持ち帰りとなります。



3、アイフォンクリア、正規店それぞれのメリット・デメリット

【正規店に出す場合のメリット】


正規店に出す場合のメリット

・正規店では純正品での修理となっています。(本体交換修理)


・Apple Careやキャリアの保証サービスを利用する事が可能、メーカー公式の修理サービスを受けることができます。


・過失や事故による損傷がなく、問題が製品保証や AppleCare+ の保証対象である場合は、修理料金はかからない、もしくはお安く修理できます。


・AppleCare+ にご加入の場合は、過失や事故による損傷でも最大 2 回まで保証対象となります。



【アイフォンクリアに出す場合のメリット】


アイフォンクリアに出す場合のメリット

・アイフォンクリアの修理方式は「部品交換修理」です。例えば、画面修理を行う場合は画面部品だけを交換する為、他の部分は基本的に触れません。


なので、中身のデータはそのまま残る為、バックアップの必要はありません。


・修理時間が早い。アイフォンクリアでは最短時間での修理が可能です、予約来店修理の場合は待ち時間が0分となっています。


・最安値での修理が可能。アイフォンクリアでは業界最安値での修理料金を実現しています。


・本人確認がないことで、未成年の方、代理人の方でも気軽にご利用いただけます。



【正規店に出す場合のデメリット】


正規店に出す場合のデメリット

・正規店では「本体交換修理」という方式でiPhoneの修理を行います。


つまり、たとえ画面が割れただけでも本体をまるごと本体交換してしまうということです。
必然的に修理の費用は高くなりますし、内部に保存されているデータが一切残りません。
なのでバックアップが必須となります。


・iPhoneの画面に修理料金の画面の修理 (保証対象外)は、当店より一見安価か変わらないと思いますが実際は、iPhoneの画面以外にも過失や事故による損傷がある場合=本体に傷や凹み=90%の確率で『その他の損傷』扱いとなります。(メーカーの上手な仕掛け)


・保証サービスの期限が切れている状態だと修理料金が高くなってしまう。


・修理期間が長い。代替機を用意してくれるサービスはあるものの(有料)修理期間はおよそ1週間以上かかってしまいます。


・webや電話で事前の予約が必ず必須。(現状では2週間待ち


なお本人確認書類やiPhoneの購入証明書が必要となっています。
加えて修理に出す際に前準備が必要、iPhoneを初期化してデータを消してiPhoneを探すをOFFにしたりApple IDの設定の必要があります。



【アイフォンクリアに出す場合のデメリット】


アイフォンクリアに出す場合のデメリット

・アイフォンクリアでは高品質の修理パーツを使用していますが、Apple純正品を用いての修理ではありません。


・機種によっては修理後にソフトウェア側の問題※で画面の明るさの自動調整する機能が使えなくなる可能性もあります。


また、ApplePay使用端末に関しましても修理により極稀にApplePay(Suica、クレジットカード等)の使用が不可になる場合があります。
※メーカーのサードパーティー業者へのトラップ(パッチ問題)アメリカではメーカーが製品の修理情報を開示しなければならない法律が定められていますので、サードパーティー業者にiOSのトラップが発覚した場合は、次回のiOSアップデート時に改善しなければなりません。



 icon-search カテゴリから探す





 icon-angle-right TOPページに戻る