■iPhoneを水没させたときに修理をするときに考えたいこと!

T-POINTロゴ width= iPhone7,iPhone7Plus,iPhone6s,iPhone6sPlusも即日修理受付中!
  • 今すぐにアイフォンを修理したい方はアイフォンクリアへ

最近はiPhone修理業者が防水加工をしたりするところもでてきました。

どういった環境でもiPhoneを快適に量できるような工夫がされています。

ですが、どれだけ注意していても、日常的に使う道具なのです。トラブルは発生してしまいます。

特に多くの人が悩まされるのが水でのトラブルです。

 

iPhoneを水没させてしまうと修理や対処をしても、動作はどうしても不安定になるでしょう。

バックアップを取っていれば幸運です。Apple社で本体交換修理を依頼したほうがいいでしょう。

そのほうが長く利用できます。ですが、そんなときに限ってバックアップがとれてなかったりします。

 

iPhone修理業者に依頼するメリットはデータを取りだしてもらうだけでしょう。

それ以外に分解修理をするメリットはないでしょう。

また、今までは非公式業者でiPhoneを修理した場合に、Apple社の本体交換修理は受けられなくなってしまうデメリットがあります。

最近では、非公式業者でiPhoneを修理しても対応可能になるそうです。

 

たとえiPhone修理業者で修理してもらっても、また故障する可能性もあります。

なので、延命処置と思って頂ければと思います。

基本的に基板故障ならば機種変更以外に選択肢はなくなります。

iPhoneを利用している大部分の人は2年契約をしているでしょう。

その期間内に機種変更をすると追加での出費がかかります。

Appleで有償修理になると14,000円から28,000円程度の費用がかかります。

新品機種との交換ですから、データは消えてしまうことになります。

どうしてもデータが必要とあれば、基盤修理にてデータの取出し作業もあります。

この場合、本体の修理ではなく、あくまでもデータの取出し作業の為の基盤修理になります。

いかがでしたでしょうか?iPhoneを水没した場合には、iPhone修理業者を利用するメリットとデメリットを考えておきましょう。

 

 

←戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

iPhone7修理始めました!
※修理不可だった場合は料金は頂きません。