■iPhoneのバッテリー交換で知っておきたい基礎知識

iPhoneを1年ぐらい使っているとバッテリーの持ちが悪くなります。

その場合はバッテリー交換も視野に入ります。

Apple社のバッテリー診断をして、バッテリー容量が79パーセント以下になれば、バッテリー交換が必要と診察されます。

逆に言えば80パーセント以上ならばバッテリーの性能は問題ないのです。

 

でも、バッテリーの持ちが気になるならば、バッテリー交換をしてもいいです。

この場合は非正規のiPhone修理専門店 アイフォンクリアに依頼すると良いでしょう。

ほとんどの店ならばバッテリーの予備在庫はあります。

即日修理サービスをしてくれますし、予約をしなくても対応してくれるところも多いです。

 

79パーセント以下ならばバッテリー交換になりますが、保証をまずは確認しましょう。

1年間の製品保証・AppleCare+・キャリアの修理保証があれば、それを使うことがいいです。

保証期間の1年が過ぎているならば、iPhone修理専門店 アイフォンクリアを利用するほうが便利です。

 

最近では、あちらこちらにiPhone修理専門店 アイフォンクリアがあります。

Appleストアが近くにあれば、GeniusBarに持ち込む方法もあります。

Apple正規サービスプロバイダを使ってもいいです。

安くするならば、iPhone修理専門店 アイフォンクリアがいいでしょう。

念の為に交換用のバッテリーの在庫があるか電話で確認しておくといいでしょう。

在庫がないならば1週間ほど期間がかかります。

Apple正規サービスプロバイダでは貸出機がないのでしばらくiPhoneが使えないかもしれません。

それが嫌ならば、iPhone修理専門店 アイフォンクリアへ!

 

 

←戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Translate »
iPhone7修理始めました!
※修理不可だった場合は料金は頂きません。