■非正規のiPhone修理業者が優秀かどうかは来店したときの様子で見極めよう

例えば、iPhoneの画面割れです。

単純に画面が割れているだけか、液晶まで故障しているのかは修理の料金が違います。

それをすぐに説明できるかも判断基準になるでしょう。

 

1番目は、iPhoneの中身を見せてくれながら修理の説明をするかどうかです。

丁寧な業者の場合は、ここまでの説明力があります。

当然ながら安心できますよね。

大切なiPhoneです。

具体的にどのような部分をどういった修理をしてくれるのか説明して欲しいです。

 

これも店舗の混み具合もあるでしょう。

ケースバイケースでの対応であることは理解しておいたほうがいいです。

他のお客さまがいないにも関わらずぞんざいな対応をするようならば、他の店舗を当たったほうがいいでしょう。

そのお店で対応できないトラブルならば、しっかりと説明してくれるはずです。

 

2番目は、その場で修理料金と修理価格を提示できるかどうかです。

これが基本ですが、修理を進めて行く間に他のトラブル箇所が見つかることもあります。

追加料金を請求されたから悪徳業者や悪質会社だとは言い切れません。

しかし、その追加修理も事前に説明をすることが普通です。

 

説明もなしに修理代金が増えてしまうような対応ならば、悪質業者や悪徳業者です。

元の状態に戻してもらって修理をキャンセルしましょう。

事前に、そういったことも念押ししておければいいのかもしれません。

クチコミ情報系サイトで、その店舗の情報も精査しておくとさらに安心です。

 

 

←戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Translate »
iPhone7修理始めました!
※修理不可だった場合は料金は頂きません。