水没時の初期対応(2017/9/18更新版)

T-POINTロゴ width= iPhone7,iPhone7Plus,iPhone6s,iPhone6sPlusも即日修理受付中!
  • 今すぐにアイフォンを修理したい方はアイフォンクリアへ
水没時の初期対応(2017/9/18更新版)

水没時の初期対応(2017/9/18更新版)

台風通過中です!

こんにちわ!

アイフォンクリアすすきのラフィラ本店の店長福島ですヾ(@°▽°@)ノ

今回は

機種別水没時の初期対応についてです!

 

【耐水性能と防塵性能有り】

iPhone7、7Plus

iPhone8、8Plus

iPhoneX

未発売のものはまだわかりませんが

少なくとも7についてはパネルとベゼルに防水シールが接着しているので、なかなか内部にまで水が入りません

ただし!完全防水ではないので注意が必要です!

一番注意が必要なのがライトニング!

充電口ですね!

ここは金属がむき出しなのでここからショートして使用不能になったiPhone7もありました

濡れた状態で通電させてしまうことがショートの原因です

◆初期対応◇

 ①電源を切りましょう!(最重要)

 ②乾いたタオルで表面の水を拭きましょう!

 ③振っちゃダメ!絶対!

  ※入った水は出てきません!それどころか基盤に浸透して被害拡大します!

→少し水がかかった程度なら数時間乾燥させて電源を入れても問題ない場合があります

(生活防水レベルの水没であれば)

最近多い”洗濯しちゃった系”は生活防水のレベルを超えていますのですぐご来店ください!

 

上記の初期対応が終わった段階でお近くのアイフォンクリアにご来店ください!

内部のクリーニングをすぐに行い、他故障箇所を特定致します!

 

【耐水性能と防塵性能あったと思ったんだけど…公式から消えてる?!】

iPhone6s、6sPlus

7同様、防水シールが貼ってあります

ただし、確かに7よりは弱いのかなー?という印象

発売が古い分シール自体の劣化があるのかすぐ取れてしまいます

耐水の表示が消えたのはそのせいでしょうか??

発売当初はシンクに沈めたiPhone6sを操作してみた動画がアップしてたんですけどね〜

◆初期対応◇

 ①電源を切りましょう!(最重要)

 ②乾いたタオルで表面の水を拭きましょう!

 ③振っちゃダメ!絶対!

  ※入った水は出てきません!それどころか基盤に浸透して被害拡大します!

 ④すぐにアイフォンクリアに行きましょう!

水没させてしまった場合、自然に直ることは奇跡でも起きない限りありません

起動してもどこかに障害が残ります

処置が早ければ早いほど復旧の可能性が高いので、できるだけ早い段階でご来店ください

 

【耐水性能と防塵性能無し※上記機種と比べて】

iPhoneSE

iPhone6、6Plus

iPhone5以下のシリーズ

7や6sのような防水シールの貼られていないものです

貼ったらどうなんでしょうかね??多少マシになるのかな?

ただ7や6sはスピーカーの部分も他と構造が違うようでそこから浸水するかもしれません

◆初期対応◇

 ①電源を切りましょう!(最重要)

 ②大至急アイフォンクリアに行きましょう!!!!

このシリーズに関してはもう大至急対処しないと経験上、手遅れになる率が高いです

電源を切る前に勝手に電源が落ちてしかも熱くなったりしたら・・・危険な状態です!

水からすぐ拾ったから大丈夫・・・じゃないです!!すぐ!!

 

水の成分によっても故障の具合が変わります

大切な思い出を失いたくないお客様は特に!!当店へご来店ください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

iPhone7修理始めました!
※修理不可だった場合は料金は頂きません。